TOP商品紹介サロンメニューカリスマお客様の声お問い合わせメールフォーム

資格取得

今回は、私と家族の体験談をご紹介いたします。
これは、あくまでも一個人の体験です。

体験談 1 : 私



 現在は、ほとんど毎日、手と足を、時間のあるときは、首、腰、腕をゆっくりとかけます。疲れた〜と思う時でも、手の裏表をしっかりかけると、体と心が楽になっていくのを感じます。
 3年程前、胸に米粒大のしこりがあるのに気がつきました。病院で精密検査をしたところ 「今は悪いものではないようですが、気になるようでしたら切除しますよ。自然になくなるものではありませんから」と担当の先生に言われました。手術はイヤだったので、そのままにしていたら、いつの間にか消えていました。翌年の人間ドッグの時、超音波検診をしてくれた先生が、私がカリスマを使っていることを話したら、「超音波にそんな働きがあるのかしらねえ」と不思議がっていました。でもカリスマのお陰としか考えられないのです。
  それから、顔にかけると、リフトアップはもちろんですが、肌がイキイキとして透明感が出ます。顔が軽くなって、それまでは顔が疲れているなんて、知りませんでした。
  まさに、今日の疲れは今日のうちに取る、ですね。
  夜、ぐっすり眠れて、朝はいつも快適な目覚めです。
  本当に、カリスマに出会って幸せです。



体験談 2 :夫  59才 /会社員

 頚椎がズレている為、長年の肩こりで悩んでいました。治療院やマッサージに通ったり、漢方薬を病院で処方してもらって飲んでいた時もありました。
  カリスマを私が使っていても、最初は信用しませんでした。首や肩にかけてあげると何だかいい様な気がするけどスッキリ楽にはならないと言ってました。何しろ長年ためていたコリですから・・・。そうしているうちに、自分で、手をかけるようになりました。2〜3日に一度位の感覚で使っていましたが、右ほほにできていたホクロが大きくなって気になっているときでした。ヒゲを剃る時に血が出たりして、じゃまだと思っていたらしいのですが、ある朝びっくりです。きれいに消えていました後かたもなく・・・。
  夫は手をかけているだけですが、首から肩にかけての痛みが楽になったそうです。毎日、肩はこります。でも、カリスマで体が楽になるのを感じている様子です。



体験談 3 : 義母 83才


 手仕事が大好きで、50代から刺繍と手編みを教えていました。毎日、毎日、針を持たない日はない位。なのに、肩こりを知らない人でした。
 70代半ばの時、普段やったことのないうどん打ちを手伝って、こん身の力を込めて生地を練ったら、背中に強烈な痛みがはしって、それからが大変でした。骨粗しょう症もあって、何年間かは痛みとの戦いでした。病院と療術院に2年位通って、一時は歩くことも困難だったのに、本人の努力のかいあってか何とか普通の生活に戻ることができました。でも背中に重い鈍い痛みが残っていたそうです。
  そういう義母が、夜、ひざが痛くて目が覚めると言うので、カリスマを足にかけてあげました。そしたら、その夜は、痛みがなくてぐっすり眠れたと驚いていました。それからは、2、3日に1回自分でカリスマを使うようになりました。
  「手もかけるといいのよ」と教えてあげたら、すぐに実行して、しばらくしたら、手のしみがうすくなったと喜んでいましたが、3ヶ月くらい過ぎた頃でしょうか、あの、お墓まで持っていかなければならないと思っていた背中の重い痛みがいつの間にか楽になってると大喜びでした。
  今も、毎日編み物をしています。でも今は、背中が凝って苦しいと感じるようになりました。もちろん、カリスマで身体が楽になることも感じているので、カリスマを使う事が義母の新しい生活習慣になっているようです。